排水管の水漏れはある日突然起こります

排水管の水漏れはある日突然起こります 排水管の水漏れは、水回りのトラブルの中では定番中の定番になっています。やはり排水管という場所は、どうしても水が流れる頻度が高くなっていますので、どうしても破損が起こりやすい部位になっています。毎日生活をしていれば、必ず水を使います。当然使い終わった水は、排水管を通って外に排出されますので、どうしても負担がかかりやすい部位となっています。
もちろんお水を使う量であったり、元々の設計やパーツの種類によってかかる負荷などが異なりますので一概には言えませんが、およそ10年を経過した辺りから、経年劣化によって故障箇所が増えやすくなります。そのため、水漏れなどのトラブルが起きやすくなってしまいます。

■ユニットバスは故障率が高い

賃貸物件に多いユニットバスの場合は、排水管からの水漏れなど水回りのトラブルがとても多い場所です。ユニットバスは、トイレとお風呂、洗面台、キッチン以外の水回りが全て集結してしまっているようなつくりになっています。そのため、使用頻度が多くなってしまい、どうしても水回りのトラブルが起きやすい場所になってしまいます。
また、ユニットバスがある賃貸物件の中には、リーズナブルさを前面に打ち出しているため、建物自体がそこまでしっかりとした造りでは無い事があります。また、築年数が結構経っている物件なども珍しくありませんので、住み始めてすぐに排水管の水漏れなどが起きてしまうこともあります。
ただ、トラブルが起きやすいというのは正しいのですが、逆に水回りが全て集結しているので、トラブルが起きた時の対処が簡単であることや、あらかじめ多くの水が流れるように設計されていますので、二次被害、三次被害を少なくて済ませる事ができるといったメリットもあります。

■専門業者に依頼する
水回りのトラブルに関しては、自分で修理をすることが出来る場合と、蛇口 交換など水回りのトラブルの修理を専門に行っている専門業者に依頼する場合とに分けられています。自分で修理をした方がもちろん簡単ですし手間がかかりません。もちろん自分で修理をするのですから、修理料金などもかかりませんのでリーズナブルです。
排水管の水漏れの中には、自分でも簡単に修理できてしまう症例もたくさんありますので、自分で修理できるのであれば、なるべく自分で修理してしまった方が良いと思う方も多いでしょう。しかし、排水管の水漏れの中には、自分で修理するには手に余るような深刻な症状のものもあります。そういった症状の場合には、やはり水回りのトラブルを専門に修理している専門業者に依頼する必要があります。

■修理を依頼するのか自分で修理をするのか

排水管のトラブルの場合には、自分で修理をする事ができるのか、それとも水回りのトラブルを専門に取り扱っている専門業者に依頼しなければいけないのかを冷静に判断する必要があります。水回りのトラブルの中でも被害が大きくなりがちですので、冷静な判断をするのは難しいかもしれません。
しかし、排水管のトラブルがどこで起こっているのかや、どうしてその部分でトラブルが起こったのかなどを把握しなければなりませんので、トラブルに動じない冷静な判断力に加え、水漏れの原因や修理方法をしっかりと理解しておく必要があります。

■まとめ
排水管からの水漏れなどは量にもよりますが、水のトラブルはある日突然おこりますので、冷静に適切な判断をするのは難しいでしょう。もっとも重要なポイントは、ある日突然起こってしまった水回りのトラブルに対して、起きてから情報収集するのではなく、前もって備えておいて、いつトラブルが起きても動じないような準備をしておくことが大切なポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース