台所の排水管の水漏れを速やかに対処する必要性

■台所の大掛かりなリフォームの必要性

台所の排水管で水漏れの起きる可能性はあります。そうなるとシンク下が漏れ出た水でびちょびちょになってしまいます。この状態をそのまま放置していると、二次災害の発生リスクが増大します。早めに対処すればそれほど手間取らなかったものが、放置することで大掛かりな工事が必要になるかもしれません。
もしシンク下で水漏れが発生すると、戸棚の中の湿気は上昇してしまいます。この状態のままだと、中に入っているものにカビの発生する危険性が出てきます。カビが発生すると健康面でも心配です。また調味料などを収納している人も多いでしょうが、湿気にやられてしまう恐れもあります。
シンク下の収納部分にアルミシートをかぶせている場合、一見すると何も異常が発生していないように見えるかもしれません。しかしアルミシートの下でカビが大量に発生しているかもしれません。ひどくなると戸棚を開けてみると、どうもかび臭いということになりかねません。アルミシートを取り除いてみるとあたり一面カビが生えているといった事態も想定できます。
この状態を放置しているとカビだけでなく、腐食も進んでしまうかもしれません。そうなるとキッチンを取り替えないといけなくなるかもしれません。特に最近の住宅ではシステムキッチンを採用している家庭も多いです。このような一体型の場合、全体を取り替える必要も出てきます。ですから台所の排水管の水漏れは早期発見、早期修理が求められます。

■マンションの場合階下への水漏れの恐れも

2階以上で排水管の水漏れが発生して、そのまま放置していると階下の天井が濡れてしまう恐れが出てきます。もし修理が必要になると、大規模な工事が時として必要になることもあります。そうなってくると被害を受けた階下の住民との間でトラブルになる恐れも出てきます。修理代金をどうするかなど、いろいろと決めないといけない問題も出てくるでしょう。
賃貸物件の場合、この水漏れの原因がどこにあるかによって責任の所在も変わってきます。例えば建物の経年劣化が原因であれば、建物のオーナーが修繕費用を負担する形になります。しかし水漏れの原因が借主の過失であると判断されれば、修繕費を弁償するように求められるでしょう。また水漏れの原因そのものは建物の経年劣化でも、報告を怠ったがために被害が拡大した場合にはこれもまた修繕費は借主の負担になる恐れが出てきます。もし階下の住民がこのようなトラブルに嫌気がさして引っ越してしまった場合、部屋のオーナーは本来入ってくるべき家賃収入が受けられなくなります。実害が発生した状況によっては、修繕費用とは別に賠償責任を背負わされる可能性も出てきます。
このため台所で水のトラブルが発生した際には放置するのではなく、速やかに管理会社などに報告することが重要です。また水の出ているところがはっきりしているのであれば、バケツで水を受け止める、はっきりしない場合にはタオルや雑巾などを敷き詰めるなどの応急処置をすることで、被害の拡大を防止することも大切です。

■止水栓をとにかく閉めるのがおすすめ
台所の排水管の水漏れが発生しているのであれば、まずはどこから漏れが発生しているか確認するといいです。しかし中にはいろいろとチェックしてみたけれども原因箇所が特定できないケースも出てきます。その場合には止水栓を閉めましょう。そうすれば台所に流入してくる水の流れをせき止められます。止水栓が見当たらないようであれば、水道の元栓を閉めましょう。そのうえで業者に連絡することです。もしかかりつけの業者や知り合いでこのような商売をしている人がいれば、そこにお願いしてもいいかもしれません。賃貸で暮らしている人の場合、管理会社が特定の業者と提携している可能性もあります。そこでまずは管理会社に連絡したほうがいいでしょう。
それ以外の場合には、複数の業者に連絡を取ったほうがいいです。修理代金はケースバイケースで、スタッフに状況を見てもらって見積もりを取る必要があります。見積もりの作成基準は業者によって若干異なります。複数の業者に相見積もりをとれば、値段の異なることもわかるはずです。見積書の内容や価格を比較して、より条件のいいところに依頼しましょう。
このような相見積もりをした場合、とにかく価格の安いところにお願いしがちです。値段も確かに重要な要素ではありますが、その内容もしっかり確認したほうがいいです。中には内訳が明確ではない、一式いくらのような用語であいまいにしている見積書もあります。工事内容がはっきりしないと、実際に作業に取り掛かったところで追加工事が必要になったと言われても状況を明確に把握することができません。単価やどのような材料を使用するかなど、詳しく内容の書かれているものの方が信用できます。もし見積書で不明なところがあれば、質問して疑問点を解消しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ