排水管から水漏れを起こす原因

■全体的な交換も必要になる配管の劣化

排水管から水漏れする状況には、さまざまな原因があります。共通していえることは、水が外部に流れ出したりしないように適切に処理することを目的として作られています。この機能に問題が出たため、水漏れを起こしているということです。排水管のトラブルは、そのままにしておいても自然に回復することはありません。
水の特性のひとつとして、わずかなすき間があれば流れ出してきます。大きな隙間が必要なわけではなく、ねじ山の隙間といった間隔でも十分に漏れだすところが水の厄介な部分です。隙間ができないように接着もしますし、ねじ山にはシールテープなどもまき、予防をしますが、これも永久に耐えられるわけではありません。時間とともに劣化が進み、機能を失うため、補修する必要も出てきます。
水漏れとして考えたときには、大半は劣化が原因です。排水管に使われている配管は、耐久性の高いものが用いられます。狭い場所や目視できない場所に取り付けられるため、交換するのは容易ではありません。そこで、メンテナンスの必要性が低くなるように耐久性の高い部材が選ばれます。それでも、劣化しないわけではありません。異物が付着したりすれば、変質する可能性も高まります。時間とともにダメージが蓄積し、やがてダメージの蓄積が限界を超えて破損してしまえば、排水が流れるたびに水が漏れだす状態です。金属製の配管であれば、腐食などから劣化が進み割れることがあります。配管が割れてしまえば水が流れ出すどころか、止めることは容易ではありません。割れた部分が自然にふさがるわけではないので、劣化もどんどんと進みます。配管全体で同じような劣化が見られるため、全面的な交換も考えなければいけない状態です。

■違う部材をつないでいく接続部分

水漏れしてくる原因は、配管自体が割れてしまうような破損だけではありません。1本の配管で構成できれば、配管の強度で耐えられる状況が作れます。しかし、下水本管までつなげていく排水管を1本の部材で作り上げることは、現実的に不可能です。そこで、加工も利用もしやすいように、適時接続部品を挟み、継ぎ足していきます。継ぎ目が多くなれば、それだけ隙間ができやすくなり、水漏れが発生する可能性も高まることから、できるだけ少なくなるように設置するものの、原因のひとつになるのは間違いありません。
接続部分は、水漏れの原因となりやすい場所ですが、簡単にとれたりするわけではありません。接続部分はそれだけ強度を高められる設計にしているからです。
接続部分に隙間があく原因のひとつとしてあげられるのが温度変化です。しっかりと接続していますが、キッチンの排水管のように熱湯が流れてくると、配管が膨張します。膨張したときに、すべての部材が同時に膨張し、冷えて同時に収縮すれば隙間はあきません。しかし、素材が異なれば同じ量で変化しないため、隙間が出来ます。接続している部分も、先に熱が加わる配管内部は膨張が早く訪れますが、外部は熱が伝わるまでの時間差があり、その間にストレスが溜まるため、ダメージを受ける状態です。この力の差が隙間を作り出すため、キッチンで熱湯を流すのは危険です。熱を加えることで、膨張と収縮を繰り返せば、その分強度も下がるため、破損する可能性も大きくなります。

■排水管の破損が引き起こされるパターン
排水管の破損は、大きな力が加わることで発生することもあります。大きな力は、熱湯などのように人為的なものとは限りません。大きな地震が起きたときには、配管にも力がかかります。劣化が進んでいたりすれば、この力に耐えきれずに破損する可能性が出てきます。地震は水平に動くだけではありません。縦に動く力とともに複雑な力がかかります。配管にも強いストレスとなるため、接続部分でダメージを受けて破損することも考えられます。接続部分にはパッキンも取り付けられており、漏れにくい状態を作っていますが、地震のような強い力には耐えきれません。パッキンは消耗品として使用されている部品でもあり、時間とともに劣化しますが、自然の力が加わると更に影響を受けます。
地震だけではなく、地盤沈下も原因になる自然の力です。配管の設計は、地盤沈下のような力を想定していません。ほんのわずかな力であっても、設置している配管にはストレスがかかり割れてしまったり外れる可能性も出てきます。老朽化とは違い、自然が起こす力は予想することができません。ある程度は耐えられるとしても、人間の想定を超えてしまうことはいくらでも出てくるからです。
原因はたくさんありますが、人為的な部分は予防していく必要があります。お湯や油などを流さないなど普段からの防止策も大切です。排水管の水漏れが起きれば、修理には費用を投入しなければいけなくなります。壁や床下などまで被害が広がり修理が必要となれば、負担が大きくなってしまうので、そうなる前に予防していくことは大きな意味があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ