排水管水漏れとシリコンコーキング

■シリコンコーキングを使っているケースも

水道の蛇口部分は、シンクと配水管のつなぎ目部分をコーキング剤で埋めて、水が外に出てこないように対策するのが一般的です。この継ぎ目に使用する材質には、いくつか種類があります。その中でも近年しばしば使われているのはシリコンコーキングです。システムキッチンなど比較的新しいモデルを中心として採用されることが多いです。なぜ使われることが多いのか、それはシリコンが優れた性質を有しているからです。特に耐水性に優れているといわれています。
シリコンゴムは吸水性の低さが特徴です。長時間水につけても、吸水量は約1%ほど。水をほぼシャットアウトできるので、耐水性に対して優秀な特性を有しているわけです。これは冷水や温水など水温はほとんど関係しません。長期間劣化しない、つまり水漏れを起こしにくいということでよく使われます。また近年の洗面所やキッチンなど水周りの蛇口を見ると、冷水と温水の両方出るスタイルが主流です。どのような温度の水を流したとしても、なかなか劣化しないところが好まれています。
シリコンは耐水性に優れていて、漏れは発生しにくいかもしれません。しかし一方で永久に持つかというと決してそうではありません。長年同じものを使用しているとどうしてもゴム部分が徐々に劣化します。その結果、シリコンコーキングを使った排水管でもいずれは水漏れの起きる可能性があります。もしパイプに水滴が浮いている、床が濡れている場合には材質などに関わらず水漏れの発生している可能性を疑ってみるといいでしょう。

■自分で対処する方法について

排水管で水漏れが発生しているのであれば、ひとまず専門の修理業者に連絡するのが一般的な対処方法です。しかし場合によっては業者に案件が多く持ち込まれ、すぐに現場に急行できないケースも考えられます。そのような事態に遭遇したら、自分で応急処置を施す方法もあります。例えばシーリング材を使った方法が考えられます。シリコンやゴム、樹脂を原料としたものが中心でパイプの中のひび割れや穴の開いているところに埋め込むことで水の出てくるところをふさいでしまいます。シーリング材は、ホームセンターなどで購入することが可能です。いざという時のためにホームセンターに立ち寄ったついでに前もって購入するといいでしょう。その他には水漏れ専用のテープがあります。これをトラブル箇所に巻き付けることで、漏れをふさげる場合もあります。こちらのテープもホームセンターなどで販売されているので、購入しておくと安心です。
しかしいずれの場合でも、あくまでも応急処置になります。長年そのままにしておくことはできません。また穴をただ単にふさいでいるだけで、ひび割れや穴などが直ったわけではありません。応急処置をして水漏れがなくなって安心するのではなく、引き続き修理業者とコンタクトをとって、できるだけ早く作業してもらえるように相談することが必要です。

■水漏れ業者への相談方法
コーキングの劣化によって起こる排水管の水漏れ修理をする際、専門の業者を呼ぶことが必要です。応急処置で症状が一時的になくなった場合でも同じです。このとき自分の持ち家か賃貸物件かによって、その対処法が異なるので注意しましょう。持ち家の場合、自分で自由に水道業者を選べます。24時間いつでも対応できるか、費用はどうか、実績があるかなどいろいろと比較しながら依頼先を選択します。新築物件で排水管の水漏れが発生した場合、設備不良の可能性があります。その場合には購入先の住宅メーカーの担当者に連絡することが大切です。そうすれば、メーカーの方から関連する業者に連絡が生き、手配してくれることがあります。何年も経過しているときは、普通に経年劣化の場合がほとんどです。その場合にはメーカーではなく、自分で直接業者に連絡を入れて依頼しましょう。
賃貸物件の場合、水道は備え付けの設備で住人は借りて利用しているにすぎません。このため、オーナーに無断で勝手に修理できません。そこでまずは賃貸のオーナーもしくは管理会社への連絡が必要です。あらかじめ、このようなトラブルの発生したときに依頼する業者が決められているかもしれないからです。もし特定の業者と付き合いがない場合、オーナーや管理会社側から住民の方で修理しておくように言われることもあるでしょう。その時に初めて水道業者の手配を進めましょう。この時、修理代金はどちらが負担するかについても相談してことが大切です。もし住人の使い方に過失があって、その結果配水管が壊れてしまったのであれば、住民が負担する形になるかもしれません。しかしもし経年劣化で、不可抗力で故障してしまった場合、オーナーがその費用を負担するのが一般的です。後々金額の面でオーナー側とトラブルにならないためにも、実際に依頼する前に確認をとっておいた方がいいです。経年劣化の場合もオーナーや管理会社に報告なしで勝手に修理すると、費用負担できないといわれることもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ