排水管の破損による水漏れの対策

■素人では交換は難しい

排水管から水漏れしている状態を見つけたときに、深刻な状態になるのが破損している場合です。どの程度破損しているのか状態によって変わりますが、修理は簡単ではありません。補修するとしても、一部分だけの補修で問題ないのか判断するため、ほかに影響が出ていないか調査しなければなりません。経年劣化によって現れたものであれば、破損個所が大きくなる可能性があります。また、同時期に施工された範囲は、同様の水漏れを起こす可能性も高まるため、ある程度広い範囲での交換も必要になります。
排水管のもつ大きな問題は、隠れた場所に配置されていることが多いため、場所がわかりにくく探さなければいけない点です。配管自体が床下や壁の中にあり、キッチンの下などで見えているのは、ほんのわずかな部分でしかありません。補修がうまくいきにくいという理由にもつながりますが、場所によっては人が入れないようなスペースもあります。壁の中などになれば、そもそも壊さなければ解体もできません。床下配管でも、いったん床材をはがしたうえで工事をする必要もあるため、素人ではほぼ対応できない内容となるでしょう。
どの設備から出る排水が漏れてくるのかによって、量の違いも出てきます。大量に漏れてくるのであれば、応急処置により水を止めるなどの対策も必要です。配管自体が破損していても、漏れる量がわずかであれば、時間に余裕が出てくることもあり依頼の重要度が変わってきます。
しかし、復旧するまでの間、生活にも大きな影響を与えてしまう可能性もあるため、迅速に依頼することが大切です。

■排水管の補修方法はさまざま

排水管の水漏れを見つけた場合、仮に見える場所であれば、破損個所を補修する方法がいくつかあります。最近では、高い強度を出せる補修テープも販売されるようになりました。水につけてから巻き付けて硬化する水硬化性樹脂タイプもあり、かなりバリエーションが出てきています。こうした補修材を使えば、破損していてもある程度の対応が可能です。ただし、破損している部分だけではなく、ある程度広範囲に巻き付けるなどして補修しなければ、老朽化に追いつけない可能性が出てきます。
一時的な補修をして、本格的な交換を待つのであれば、タオルなどを巻き付けて粘着テープで固定する方法もあります。この方法は手軽ですが、必ず漏れてくるため、下にブルーシートなどを敷いて養生が必要になるとともに、水を受けるバケツなどを用意しておく処置が欠かせません。
エポキシ樹脂を使って補修する方法もあります。使用する場所の素材によっても違いがありますが、強度を出せるためある程度の期間は耐えられる可能性はあります。それでも、老朽化によって破損してしまう状況では、補修した箇所から被害が伸びていき耐えられない可能性が高いでしょう。エポキシ樹脂を使うのであれば、完全に乾燥させた状態を作ります。タオルで拭いた程度では付着強度が落ちるため、風をあてるなど完全な乾燥状態が欠かせません。そのうえで、プライマーを塗布し、混練りしたエポキシ樹脂を貼り付けます。このときに使われるエポキシ樹脂はパテ用として販売されているものを選ばなければいけません。硬化するときに熱を発するため、厚めに付けると自分の熱で割れてしまうときがあります。パテ用に作られたものはある程度耐えられる設計で強度も出せるため、専用のものを選びます。あとは完全硬化を待つだけですが、硬化前に水を流したりするのは厳禁です。

■難しいと思った場合には専門業者へ
排水管が破損していると、結果的に交換しなければいけなくなります。水漏れするという現状もありますが、補修でも元の通りに戻るわけではないためです。非常に費用がかかる工事にはなりますが、新しく交換するしか長期的に持たせる方法はありません。
マンションの排水管などでは、破損してしまう前に内部をライニングする方法があります。内側から特殊な機械を通して、樹脂で膜を形成します。劣化してきている状態でも、新品のような状態を作り出せる方法です。交換するほどの費用は掛かりませんし、大掛かりな工事もいらないので、対応しやすい方法です。ただし、耐久年数は交換に比べて短く、また補修をしなければいけないタイミングがやってきます。それでも住民に対する影響が少ないため、規模によっては有効な方法になるでしょう。
キッチンや洗面台下などに設置された排水管の交換なら、素人でもできる可能性はあります。形状によって作業方法も違いますが、交換したい配管部分がすべて見えているのが条件です。固定の仕方も袋ナットでつながれていたり、フランジ部分をボルトでつなぐなどの方法があります。これらを取り外し、同じ径で同じ長さのものに入れ替えれば新しくなるでしょう。パッキンも交換して新しくしてしまえば、問題は解決します。だからと言って簡単なものではありません。見えているといってもスペースは限られ、道具なども必要です。作業に対する知識もなければ対応できないので、難しいと感じたときには専門業者に依頼して取り代えてもらうほうが良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ