排水管の水漏れが階下に流れ大きな問題に発展

■コンクリート造りでも階下にダメージを与える

マンションやアパートのような集合住宅の中で、保険金請求のトップになるのが水漏れ事故です。それほど大きな金額が請求される可能性のある事故であるため、十分に注意しなければいけません。戸建ての場合、設備に費用が掛かる点もあって、上階にはあまり水回りの設備を取り付けません。最近ではキッチンやトイレも取り付けられる場合が増えましたが、水回りのリスクを考えると、それだけの費用を掛けて予防も必要です。マンションやアパートでは、階下に別の世帯が存在します。これが大きな損害につながるポイントです。
勘違いされやすいのは、コンクリート造りだからこそ漏れないのではないかという点にあります。スラブコンクリートで階を分けているため、上階で水漏れがあったとしても遮ることができるだろうという点です。確かにスラブコンクリートは、水を遮りますが、立て管が貫通して上下につないでいるため、このすき間に水が流れると階下の天井にまわります。水漏れに対するさまざまな処置もしていきますが、それでも完璧に遮断するのは不可能なため、排水管から水漏れをしても大きな事故につながります。
洗面台の排水管も、階下に漏れるケースの多い場所です。トラップが取り付けられており、つまってしまってあふれだすことがあるからです。排水口の清掃などを繰り返しておかなければ、いつ起きても不思議な状況ではありません。排水管自体も細く、ちょっとしたことでつまってしまうかもしれないからです。髪の毛や洗剤カスなどが絡まれば、閉塞してしまう状況となるため、配管の清掃のためにもメンテナンスをしておかなければいけません。

■異常な結露やカビの被害を出して気がつく理由

排水管は、なにも室内だけではありません。バルコニーなどには雨水用の排水管があります。外部の配管ですが、パンクしてしまうと階下に影響を与えます。室内ほどの被害を出すわけではありませんが、建物の中に入りこまないとは限りません。染み込んでしまったために、損害が発生する場合があるからです。
はっきりと認識できている場合には修理の方法も検討しますが、気がつかないうちに階下に流れている場合もあります。排水管の場合には、大量に水が漏れるとは限りません。漏れてくる量が少ない場合も出てくるのは、給水管のように常時圧送されているわけではないからです。それでも、お風呂場の廃水の量を考えれば、大量に流れだしている場所もあります。
こうした水漏れが引き起こすのは、カビや結露です。階下に流れていても、気がつかない状態であっても、湿度はどんどんと上がっていきます。カビが繁殖しやすい状況を作り、見えないところで大きな影響を及ぼしているケースも少なくありません。水漏れを起こしてからしばらく発見されなかったことで、カビが大量に発生する可能性もあります。異常な結露が起きたりするのも、スラブコンクリートが水を通さずにわずかに漏れ続けていたりすることがあるからです。
排水管でトラブルを起こしやすいのは、横引している長さとも関係します。縦の配管は水圧もかかりやすく流れていきますが、横はゆっくりと流れていくため、どうしても異物の動きもゆっくりです。パッキンなどが水に触れている時間も長くなることから、水漏れのトラブルにもつながりやすい環境ができあがるといえるでしょう。床下の配管などには、十分に注意しなければいけません。

■排水管のトラブルで漏れだすケースは多い
排水管の水漏れのパターンはいろいろとありますが、洗濯機のホースが外れてしまって漏れていくといった状況も起きます。水漏れの時の被害を抑える排水パンが設置され、仮に外れたとしても外部にあふれない構造も作られました。この場合でも、排水パンに設置されている排水口がつまっていれば、水は流れていきません。洗濯機は大量の水を使う設備です。洗濯物を洗うときだけではなく、すすぎのときにも大量の水を必要とします。そのすべてを排水しなければいけないため、漏れだしてしまえば、階下に大きなダメージを与える状況です。
トイレから汚水が漏れだしてしまうと衛生面でも大きな影響を与えるため、排水管自体はサイズも大きくつまりにくく作られています。ほかの設備とは違う部分ですが、便器との間にはパッキンが使われています。劣化が進めば漏れてくる可能性はゼロではありません。トイレットペーパー以外のものを使い、うまく流れずにつまるケースもあります。特に危険なのはティッシュペーパーです。水の溶けない構造を持っている紙であり、トイレに使っても水分を吸って膨らみつまる可能性が出てくるのが問題点です。管自体が大きいだけに、つまってすぐに漏れだすようなことはありませんが、流れなくなれば水があふれ出て被害を与えるケースも少なくありません。正しく使うとともに定期的にメンテナンスをして問題がないか確認するのも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ