排水管の水漏れの応急処置でシリコンを使う

■シリコンテープの活用を検討しよう

排水管で水漏れが発生している場合、自分で応急処置のできる可能性があります。漏れが発生している場合、具体的にどこから漏れ出しているか確認できるケースも多いでしょう。その場合、テープをその個所に巻き付けることで、とりあえずそれ以上漏水の発生するリスクを軽減できます。こちらのテープはシリコン製で、多少の時間稼ぎができます。このテープはホームセンターなどで販売されているので、購入しておきましょう。
テープを貼り付けるにあたって、効果的な使い方のポイントがありますのでそのやり方をマスターしておきましょう。まず実際にテープを貼り付ける前に、配管に付着した水滴をきれいに拭き取っておきましょう。濡れた状態で粘着テープを貼り付けても、しっかりグリップしてくれないからです。雑巾などで水分を吸い取っておきましょう。また漏れが発覚した段階で水を使わないようにすることも大切です。水を使わなければ排水管の場合、漏れの悪化することはないです。
テープを貼り付ける際には、少し引っ張るような感じで巻き付けておくと良いです。その方がより強く配管を圧迫でき、水漏れ防止効果も高まるからです。何重かに巻き付けたところで、テープをカットします。そして巻き終わりの際には、今一度ギュッと圧着させるとより高い効果が期待できます。

■速やかに対処すること

もし排水管で水漏れが発生しているのなら、シリコンテープを使って速やかに応急処置をします。もし何もせずに放置していると、汚水がどんどん出てくる恐れがあるからです。排水管は下水が流れていて、いわゆる汚水が通ります。そのどこかにゆるみや穴が開いていると漏れてきてしまいます。そうすれば、床を中心としてどうしても汚れがひどくなります。修理できても今度は掃除をしなければならず、余計な作業が必要になってしまいます。特にトイレの場合、排せつ物などが漏れ出してしまう恐れがあります。するとさらに掃除が大変になりかねません。臭いなどがこびりついてしまう恐れがあり、衛生状態も悪化してしまいます。
さらに漏れをそのままにしていると、湿度が高くなります。するとカビなどが生えやすくなってしまいますし、シロアリの発生を促してしまう恐れも出てきます。またキッチンなどの場合、近くには冷蔵庫などの家電製品をレイアウトしている家庭も多いでしょう。家電は水に弱いところがあるので、しばらくして故障の要因となる可能性も否定できません。
またマンションなどの集合住宅の場合、階下の住民に迷惑をかけることもあり得ます。排水管は床下や天井を走っていることが多いです。このどこかで漏れが発生すると、階下の天井を濡らしてしまう恐れもあります。そうなると隣人やマンションの管理会社などからのクレームを受けることにもなりかねません。隣人トラブルに発生したり、肩身が狭くなって引っ越しせざるを得なくなったりすることもあり得ます。このように問題が大きくなる前に、気が付いた段階で早めに対策を講じることが重要なポイントです。

■シリコンテープはあくまでも応急処置
シリコンテープを水漏れの発生しているところに巻き付けることで、一時的に症状は治まります。しかしあくまでも一時的にすぎません。しばらくするとまた症状の再発する可能性も考えられます。水の使用も制約されるので、日常生活にかなりの支障の生じることもあり得ます。ですから応急処置をしてほっと安心するのではなく、すぐに修理業者を呼ぶことです。
水漏れの原因はいろいろとあって、ゴムパッキンの劣化やナットの緩み程度の軽度なものであれば、自分たちでも交換などの修理ができるかもしれません。しかしそれ以外の、パイプそのものを交換しなければならないなどだとプロにお願いせざるを得ないでしょう。また中には目に見えないところでの水漏れの可能性も考えられます。壁の向こう側を配管の走っていることも多いからです。この場合、床や壁、天井をはがして作業する必要があります。ここまでくると素人が自分たちで対処するのは厳しいでしょう。
水漏れの発生している場合には、水道業者を呼んだ方が分なんです。パッキンの劣化やナットの緩みでも自分で行うのには自信が持てない場合、これも専門家にお願いしたほうがいいでしょう。費用は多少かかるかもしれませんが、プロがしっかり修理してくれれば、症状は確実に治まるからです。
応急処置をしていると、多少の時間稼ぎは可能です。漏れが止まるので冷静に業者探しもできます。どこが評判かなど業者の比較をするだけの時間も確保できます。複数の業者を呼んで相見積もりをとることもできるでしょう。そして内容を比較して、どこにお願いしたほうがよりお得に依頼できるかなどもチェックできます。漏れが治まらないとパニックになってしまいかねません。しかしこのような応急処置をすれば、落ち着いてお願いできます。いざという時のためにテープによる対処法は覚えておいて損はないです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ