排水管の水漏れの応急処置にはテープも効果的

水回りのトラブルは、いつ起こるかわからないのがとっても厄介です。前から調子が悪い事を自覚していた所から水漏れが起こるようなケースはありますが、大抵はある日突然に水漏れなどの水回りのトラブルが起こることが多いです。
また、トラブルの規模であったりトラブルの原因などは千差万別です。排水管のトラブルの場合には、排水管が使えるようにならないと水回りが使えませんのでとても大変です。そんな時は、本格的な修理を行う前の応急処置として専用テープを使うのも効果的です。

■応急処置には専用テープを

排水管のトラブルでも軽度なトラブルでしたら、専用テープを使って応急処置をすれば、本格的な修理をする数日間は水漏れをすることなく対処する事ができます。排水管などの水回りのトラブルに効果的な専用テープは色々な種類がありますが、一般的なトラブルで使われているのは自己癒着テープや防水補修テープ、水道用ラップテープの三種類です。これらを排水管のトラブルの状況によって使い分けるというのが、効果的な排水管の経年劣化などで破損してしまった時に有効な応急処置の方法になります。
もちろん、破損している部分が大きかったり、専用テープが届かない場所であったり、形状が特殊で上手く専用テープが接着してくれないような場合には使えませんが、一般的な排水管の軽度な破損が原因による水漏れなどには、ほぼ対応しています。

■専用テープによる応急処置の方法

排水管の破損の中で破損部位がそこまで大きくなく、テープによって応急処置が可能だと判断したら、適切に専用テープを使って補修を行います。方法としては、最初に破損箇所の周りを綺麗にします。これは専用テープがしっかりと接着する事ができるように表面を整えるために行いましょう。ホコリや油分、水漏れによって濡れてしまっているような場合には、しっかりと拭き取ることで、専用テープが付きやすくなります。もしツルツルとしていて接着しにくいような場合には、紙やすりなどで表面のコーティングを落とすと効果的です。
表面処理が終わったら、専用テープを必要な長さに切ります。切ったテープを少し引っ張りながら、密着させることを意識して貼り付けます。貼り付けた後は上から圧をかけるように押し付けて完成です。

■まとめ
専用テープでの応急処置が素晴らしい所は、まず誰にでもできるような簡単な内容である事です。女性の方でも簡単にできますし、特別な器具などが必要ありませんので気軽に応急処置をすることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ