排水管の水漏れ対策に有効なテープの基礎知識

■種類別の特徴について把握しよう

排水管で水漏れが発生した場合、修理業者を呼んで本格的な作業を依頼するのが基本です。しかし例えばその日仕事などで1日中自宅を空けるので、業者の人に来られても困るといった事例もあるはずです。そのような場合には、時間が取れるまで応急処置で乗り切る方法も検討する必要があります。そこでおすすめのアイテムとして、補修テープを患部に巻き付ける方式が考えられます。しかしこの方式、まず大きく分けて4種類に分類できます。
水漏れといっても症状もまちまちですが、比較的大量の水が出てきている深刻なものであれば、自己癒着形式のもので対処するのがおすすめです。巻きつけることによって、テープ同士がしっかり接着するのが特徴です。それだけよりしっかりカバーできるので漏水をしっかり抑制してくれます。しかしこちらはまっすぐな形状の管に対して使用します。カーブになっている箇所でトラブルが起きている場合、使用できない、しっかりくっつかない恐れがあるので注意しましょう。
近年このような問題で人気のアイテムになっているのが、防水補修タイプです。自己癒着と比較してテープそのものの防水性能に優れています。カーブしているところをはじめとして、貼り付ける場所や素材を選ばないオールマイティーなところが人気の理由です。隙間からの水漏れなどの小さなトラブルに使用すると効果を発揮できます。もしもの場合に一つ準備しておくと役に立つことがあるでしょう。
水道用ラップテープも排水管の水漏れトラブルの際にしばしば使われます。初めてこの手のトラブルを経験すると、どうしたらいいかわからなくなるかもしれません。しかしこちらは簡単に使用できるので、DIY初心者の方でも正しく使用できます。
アルミテープは市販されていて、簡単に調達できます。本来漏水のためのアイテムではないですが、実際に使われるケースは少なくありません。防水効果はありますが、耐熱温度が不十分なものもあります。熱湯を使用するキッチンなどで使用するとすぐに剥がれてしまって、使いこなせないこともあり得ます。このようにいくつか種類があるので、自分たちの事例では何が適しているか慎重に判断して選ぶことです。

■使い方のポイントを押さえよう

排水管の水漏れ対策として、テープを使用する際には正しい使い方をマスターすることです。まずは巻き付ける箇所をきれいに拭き取っておきます。水滴を取り除いておくことで粘着力の低下を防げますし、ほこりやとげがある場合も粘着力に悪影響が出ます。とがった異物があるとテープに穴が開いてしまう、切れてしまうこともあります。
使用する前に、適当な長さにカットしておくと使いやすくなります。巻き付けるときに、少し引っ張ってくくり付けるのが正しい方法です。巻きつけてからカットする手法だと、十分に引っ張り切れない恐れがあります。カットしておくと両端からしっかり引っ張れるので、より高い防水効果も期待できます。
巻きつける際には、ぐっと引っ張るようなイメージで貼りつけるのもポイントの一つです。その方が隙間をなくして、漏れの発生する危険性を低減できるからです。種類によって多少違いがありますが、イメージとしては端が半分くらいになるくらいまで引っ張りましょう。引っ張りすぎると切れてしまうのではないかと不安に感じることもありますが、伸縮性に優れたものが多くよほどの力で引っ張らない限りは切れることはまず考えにくいです。

■できるだけ早く業者を呼ぶこと
補修テープはポタポタ水滴が垂れてくる、じんわりにじみ出てくるような漏れに対応したアイテムです。もし勢いよく漏れ出しているような事態には、巻き付けても食い止めることはできません。このため給水管の水漏れにはあまり適していません。症状が出ると、結構勢いよく水が出てくるケースが多いです。一方排水管の場合、それほど勢いよく出てくることはまず考えにくいです。このため、一時的であれば症状を食い止めることも可能です。ただし瞬間的に症状が治まったとしても、専門の業者を呼ぶことも忘れないことです。本当に問題を解決するためには、問題の箇所を修理する、もしくは管そのものが劣化している場合、新しいものと交換するなどの対策をしなければなりません。でないとまた再発してしまうのではないかという危険性に常にさらされます。とりあえず目先の問題が解決できたのでそのまま放置してしばらく使用し続けたところ、今後は破裂してしまって大掛かりな工事が必要になってしまったというケースも実際にあったほどです。
テープを使用して応急処置する場合には、手順の確認も怠らないようにしましょう。十分な力で巻き付けられなかった、順番を間違えたといった場合十分に商品本来の機能が発揮できない場合もあります。初めて使用する際には、少し作業に手間取ってしまう恐れも考えられます。多少時間がかかると思って、作業に当たったほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ