排水管の水漏れをテープで補修

■排水管からの水漏れトラブル

水道配管であれば、浄水管から圧力をかけて送られてくるのは飲料水ですが、排水管の場合は下水本管に向けて、さまざまな場所で使用された後の水が流れていきます。排水管から水が漏れている状況は、なんらかのトラブルが起きていることを示しており、衛生的にも大きな問題が隠れているので、早急に対応することが大切です。修理するにあたってはいろいろな方法がありますが、トラブル箇所や水漏れの程度などによって適した方法を選択する必要があります。
排水管は、どうしても狭い空間に設置されがちです。表に配管を丸出しにすることはほとんどありません。理由として生活空間にそぐわないということもありますが、それだけで場所をとってしまうからです。排水という機能的な問題も考えなければいけません。高いところから低い方へ流れる水の特性を利用するため、水を利用する設備より低い位置へ配置していきます。設備の特性上、水を使いやすい場所に水道を設置すれば、排水管はそれよりも下部になり、どうしても見えにくいところに配置しなければいけなくなります。
配管の点検も大切ですが、住宅の環境は、常に余裕が取れるわけではありません。どうしても見えにくい場所で狭いところになるのが避けられない状況から、水漏れなどのトラブルが起きたときには、発見しにくくなります。壁が濡れていることから発覚する場合もありますし、床下から水漏れの音が聞こえたことでトラブルがわかる場合もあります。発見が難しい以上、ほんの少しでも手掛かりがあったときには、できるだけ手早く修理をすることが求められます。

■テープを使った一時的な補修

排水管の補修方法として、手軽にできるのがテープを巻くやり方です。家庭にもおいてある絶縁テープを使うやり方は簡単にできます。作業ができるスペースを取れることが大前提ですが、わずかな水漏れであれば対応できる手軽さがポイントです。
排水管に何らかの力が働いて亀裂が入ってしまったときや、劣化によりじゃばらのホースに穴が開いてしまったときにも、巻き付け方を工夫することで補修ができます。絶縁テープなどでもできますが、水が流れている状態では基本的に張り付きません。排水されないように水回りの設備を使うのを控え、巻き付ける箇所をきれいにふき取り、汚れなどがついていない状態で施工するのがポイントです。隙間がないように巻き付けるのが重要であり、じゃばらのホースの場合は締め付けすぎてゆがんだりしないように注意しましょう。応急処置としては可能ですが、絶縁テープは止水用の製品ではない点は覚えておく必要があります。手軽に手に入りやすく施工も簡単ですが、わずかな隙間でもできればそこから水は漏れてきます。ビニールでできたテープは熱が加わるだけでも伸びる性質があり、伸びてしまえば戻ることはなく隙間ができてしまいます。水に濡れ始めると、たちまち効果を失ってしまうでしょう。粘着力も弱まり、最終的にはがれてしまうことも考えると、応急処置のレベルは超えないことが理解できます。
テープには、補修専用のものもあります。排水管にも使えるものであり、水が流れてきても強力な強度を発揮し剥がれにくいタイプです。これらの補修材であれば、絶縁テープなどよりもはるかに強度があるため、水漏れには最適です。ただ配管自体が老朽化している場合は、ほかの部分でも劣化の問題が出てくる可能性が高いため、交換も検討しなければいけません。

■シリコンでなおすやり方もある
排水管の補修には、シリコン系の建材もあります。テープを巻くのは管材部分が基本となり、凹凸がある接続部分には向いていません。シリコン系の場合は粘性があるため、凹凸がある部分でも密着させることができます。弾力性もあるため動きに追従させることができ隙間を作りません。
施工方法としては、専用のがんを使うものもあれば、チューブになっている場合もあります。しっかりと補修できているかどうかは体も入れて至近距離から確認する必要もありますし、道具が入るだけのスペースも必要なため、施工箇所が狭い場合は施工が難しいこともあります。施工部分は乾燥させて、細かな汚れも取り除いておかなければいけません。塗布した部分に汚れがあれば、その汚れが剥がれ落ちたときに接着力も失われてしまい、せっかくの補修材も役に立たなくなるためです。補修材は圧着させる必要があり、硬化するまでは水を流すこともできません。完全に硬化する前に水を流してしまうと、補修材がはがれてしまいます。1日程度は設備の使用もできなくなるため、時間の余裕を持って施工することが求められます。
補修材は、環境によって使い分けることが必要です。どれも有効性はありますが、適用できない箇所に無理に使っても水漏れは収まりません。どうしても作業ができない場所のときには、専門業者に依頼して修理してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ