排水管の水漏れやつまりは素人でも直せるものなのか

■排水管を意識した時にはもう水漏れやつまりに見舞われている

一軒家でも集合住宅でも賃貸でも分譲でも、人が生活している場所には必ず排水管が存在しています。水洗トイレ、ユニットバス、キッチン等のいわゆる水周りと呼ばれる場所とワンセットになっているからです。しかし、必ず存在しているにも関わらず、日常を積み重ねているとさほど意識することがありません。意識することがないというのはスムーズに排水できている裏返しでもあります。
ところが、水漏れやつまりが原因でスムーズな排水が行われなくなると途端に意識せざるをえなくなります。そして、意識した時にはすでにトラブルに見舞われていて対処せざるをえない状況になっていることが多いです。床が水びだしになってしまったのに、あるいは、水が逆流してきているのに無視はできません。何を置いてもまずは水を止めなければ、となります。
その一方で、急を要するトラブルではないこともあります。小さな亀裂からちょろちょろと染み出す程度の水漏れや、ほんの少しずつ水の流れが悪くなっていくつまりがそうです。例えば、風呂の栓を抜いた際に残り湯が減っていくのがいつもより遅いような気がすると感じた当初であれば、排水管はまだ深刻なダメージを負っていません。しかし、そうした気がかりを放っておくことが後々深刻なトラブルに繋がることを考えれば早々に手を打つべきです。とはいえ、急を要するならともかく数日放っておいても大丈夫なくらいの猶予があるのなら、自分で直すという選択肢が浮上します。

■急を要さない排水管の水漏れやつまりは素人でも直せるのか

水漏れやつまりといった排水管のトラブルにおいて、いざとなったら業者に連絡することも想定しつつある程度は自力で頑張りたいとなった時、どこまでは素人でもいい範囲で、どこからはプロのに任せるべき内容となるのか判断しなければなりません。目安のひとつは、急を要するか要さないかです。現在進行形で水があふれていたら急を要することは誰の目にも明らかです。そうではなく、急がなくても大丈夫そうだと素人目にもわかるちょっとしたつまりは、プロではなくとも直せるケースがあります。
なんとなくシンクの水はけが悪いというような時は、つまっているというほどではなくとも汚れが付着していることが考えられます。多いのは、台所洗剤のぬめりや油汚れに細かいごみが混ざり合い、排水管の内壁にくっついている状態です。このレベルであれば排水口を掃除するとともに、パイプ用洗剤などを使って汚れをきれいにすることで解決します。
ユニットバスの排水口から水があふれてしまうケースは、洗い流したシャンプー類と髪の毛とが排水管の内壁でつまりを作り出していることが多いです。この場合も、はずせる物は全部はずして掃除をし、可能な限りのごみを取り除いてからパイプ用洗剤を使うと解決に向かいます。
もちろん、ケースバイケースなので自分で直せるとたかをくくっていたら無理なレベルだったというケースも考えられなくはないです。そういうケースを想定し、プロすなわち水周りのトラブルバスターである業者を調べておくに越したことはありません。賃貸にしても分譲にしても水周りのトラブルはダメージが大きく、後手に回ることで金銭的被害が増えていきます。困った時にすぐに頼れるようにしておく必要があるということです。

■急を要するか繰り返す排水管の水漏れやつまりはプロの力を借りる
当然ながら、トイレの水が逆流したなど急を要する時にはすぐにプロの力を借りるべきです。他にも、それまでとまったく同じように生活していて水道代が急にはね上がった時は水漏れが疑われますから、疑わしい場所を特定して早急に業者に来てもらったほうがいいです。
水漏れを放っておくと水道代が高騰してしまいます。地面の中に埋まっている給水管が破損していたというような気づきにくい場所で起きたなら水道料金が減額されることもありますが、気づいていながら放置したとなったら減額対象ではなくなります。そう考えると、水漏れはたいしたことがなさそうに見えても急を要するケースということになります。
一方で、急を要するか要さないかという目安には例外もあります。何度自分で直しても何度も何度も同じ場所で同じ現象を繰り返すという場合は、一度しっかりとプロに見てもらったほうがいいです。手では届かないような排水管の奥でつまりが生じているなど、深刻なトラブルへとステップアップしている最中であることが懸念されます。
手では届かないような場所の掃除用に作られた長い棒状のパイプクリーナーも購入できるものの、そういったクリーナーはどんな排水管でもOKというわけではありません。S字パイプならばともかく、賃貸の集合住宅に多いL字パイプだと、長過ぎることがあだとなって逆に上手く掃除できません。掃除できたところで、掃除をしたにも関わらず何度もつまりを繰り返すのなら、それはもうプロの出番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ