マンションの排水管の水漏れは一戸建てとは何が違うのか

■まずは水漏れの原因を突き止める

マンションや集合住宅で排水管から水漏れが起きることは決して珍しくありません。水漏れに限らず、水まわりのトラブルが発生した際には、まずその詳しい原因を突き止め、それぞれの原因に即した対処法を講じる必要があります。マンションや集合住宅の水漏れの原因は、人為的なものと偶発的なものに分けられます。人為的な原因としては、排水管の劣化を長期間にわたって放置していた、水道の元栓をその都度しっかりと閉めていない、蛇口と排水管との接合部分の汚れやつまりをこまめに修繕していない、などが挙げられ、これらの原因によって水漏れが起きている場合には入居者の責任において修繕コストを負担するケースが多くあります。
一方、偶発的なトラブルとしては災害や突発的な事故に関係するものが多く、たとえば大きな地震などで水道管そのものが著しく破損したり、分断されたりすることで漏水トラブルが起きるなど、個人ではコントロールできない要因によって水まわりのトラブルが生じるケースも考えられます。
人為的なトラブルについては、日常における水道および水道管のメンテナスを丁寧に行うとある程度防げる部分があり、そのためのノウハウもネット上で公開されています。
排水管は通常、劣化のペースが遅く、それほど頻繁には大きなトラブルを起こさないような造りになっています。そのため、水まわりのトラブルの多くは、実は排水管そのものではなく、蛇口や給湯部分の接続に原因があるとも考えられます。定期的なクリーンアップだけでも充分に寿命をのばすことができます。しかし、マンションの場合には一戸建てとは異なり、管理会社や管理組合などの管轄内に入っていますので、トラブルが起きた場合にはただちに管理組合のほうに連絡し、その後の処理を委託するのがスムーズな流れです。

■マンションの漏水トラブルを解決する保険がある

漏水の原因がマンションの共有部分にある場合、トラブルの規模と原因によっては管理会社のほうに事情を説明すれば一定の範囲内で補償が受けられることがあります。さらに、それが賃貸であれば、貸し手は責任を持って処理する義務があります。
このとき、被害の程度によっては、補償金額が数百万円に達する場合があります。火災保険などの特別な契約として個人賠償責任保険に加入している場合は、個人対個人の賠償責任について一定額が補償されます。たとえ自分が被害者であっても、相手方が保険に加入していれば安全です。また最近では、管理組合が加入している火災保険に、各世帯を対象とした個別補償契約が追加されることが多いです。この特例契約は、被害者の家の階下への補償に対応できますが、それを引き起こした部屋の修理に対しては保険金は出ません。
また、天井を外して漏水の原因を究明したり、床板や床材を取り除いてトータルコストが高額になるケースもありますが、原因究明費用が賠償されるかどうかは保険によります。いずれにせよ、管理組合がどのような保険に加入しているのかを確認し、不足している部分については自分で保険に加入し、生活上の緊急トラブルに備えておきましょう。
集合住宅の漏水トラブルで最も気をつけなくてはならないのは、隣近所の住民に迷惑をかけることです。特に、上層階に住んでいる場合、浴室やトイレの水漏れが階下にまで広がり、クレームにつながってしまう、という可能性も充分に考えられます。万一、そのようなトラブルが発生した場合には被害者のほうに迅速な補償を行い、それ相応の謝罪をする必要があります。近隣住民とのトラブルがこじれると後々まで損害賠償問題につながりかねませんので、集合住宅に入居する際にはあらかじめそのあたりの補償プロセスについても法的にきちんとリサーチしておきましょう。

■マンションで注意すべき水まわりのトラブル
漏水トラブル以外にも、マンションや集合住宅で注意すべき水まわりのトラブルはまだまだあります。最近では一般の住宅でも給湯器と水道を連結しているケースがありますが、給湯器もひとつの消耗品であり、経年劣化によって徐々に機能が低下していきます。
給湯器で考えられるトラブルとしては、温度設定の異常やお湯が出ない、急に温度が上昇する、などが考えられ、いずれも給湯器の経年劣化によって引き起こされると言われています。給湯器はマンションが管理している場合と、個人での所有になっている場合がありますのでまずは確認が必要です。マンションが管理しているのであれば管理会社に、個人所有であれば直接水道修理業者に連絡して修理をお願いします。
集合住宅の場合、数年おきにマンション単位で排水管を含めたメンテナンスが行われますし、公営住宅の場合は公費によって修繕費用が負担されるケースもありますので、そのあたりのルールについては入居時にあらかじめ確認しておくようにしましょう。もちろん、水道設備本体に何らかの異常が見られた場合には、その時点でただちに管理会社に連絡しましょう。ただし、管理会社によっては24時間対応していないところもあります。夜間のトラブルで緊急の対応が必要な際には、水道修理業者に修理してもらい、請求書にその旨を明記してもらいます。その後管理会社と相談をする流れになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ