パッキンの劣化などによる排水管の水漏れについて

■排水管の水漏れはどこから起きるのか

排水管が壊れたり詰まって水が流れなくなると、日常生活に重大な影響を及ぼします。パッキンの劣化による水漏れなどは自分で直すことも可能ですが、専門業者に修理を依頼すればより確実です。水漏れが起きる場所は家の中の至るところにあります。特に台所や洗面台の他に洗濯機や風呂場、トイレなどが起こりやすくなっています。
キッチンでは特に様々な場所で水漏れが起こります。シンクには蛇口も排水管に繋がっている栓もありますが、一見して問題を特定できれば対策を講じるのも困難ではありません。しかしシンクの下などの普段目に見えない場所で起こっている時、原因の特定に時間がかかります。床に水が触れている状態が続いてしまうと、床が腐るなどの二次被害が起こる可能性が出てきてしまいます。業者への連絡をするなど、早めに対処することが大切です。
洗面台でもよく発生しますが、最も多いのは栓をしても水漏れしてしまう症状です。ゴム栓やパッキンなどの部品が劣化が原因の一つとしてあげられます。このケースでは新しいものに交換すれば問題を解決できます。シンクの下にある排水管には排水管同士が繋がっている部分がありますが、その接続部分の緩みが原因になっていることがあります。その場合はネジを締め直せば解決できます。ネジの緩みが原因ではない場合には、配管を外して清掃したり部品を交換するという作業が必要になります。
洗濯機周辺でこのような事態になった時、蛇口とホースの繋ぎ目の部分やホースそのものが古くなってしまっているのが主な原因です。基本的にパーツやホースを取り換えれば解決できますが、洗濯機そのものがトラブルの理由になっている場合もあります。そのような時には洗濯機の修理が必要です。

■排水管で水漏れが起こる原因とは

住宅の中でも風呂場は特に水漏れが起きやすい所です。蛇口やシャワーから水が漏れ出していたり、給湯器からお湯が出続けるなどのトラブルが起こる可能性があります。風呂場はキッチンや他の部屋と比べても湿気が逃げにくい場所です。そのため設備の老朽化が進みやすく、錆の発生や進行が高くなってしまいます。水漏れを発見した場合には、できる限り素早く対応する必要があります。
建物の中でトイレも水漏れの頻度が高い場所です。トイレは色々な部品から作られており、便器やタンクだけでなくそういった部分から水が漏れることがあります。厄介なのは、部品に問題がある場合、隠れた部分で発生してしまうことです。
水漏れには、様々な原因が考えられますが、実際には老朽化により発生するケースが過半数を占めています。設備の劣化により通常通りに機能しなくなって水漏れに繋がります。そのため設置してから10年以上が経過しているならば、専門業者に点検してもらうと良いでしょう。場合によってはメンテナンスを依頼することになります。
この事象は管の内部が詰まっている場合にも発生します。特にゴミなどの異物が詰まってしまい水漏れすることもあるので注意が必要です。台所では食べかすや油汚れを流さないように気を付けましょう。風呂場を何年も使用していると石鹸カスやほこり、髪の毛などのゴミが溜まってしまいます。そのゴミは管を詰まらせてやがて水漏れへと繋がるので、定期的な清掃が必要となります。
日本は地震が多い国です。地震も漏水の原因となるので注意しなければなりません。とても強い衝撃が与えられ、その分配管へ負担がかかります。その結果、接合部分がずれたり損傷して水が漏れ出てしまいます。

■排水管からの水漏れに対応するためには
排水管で水が漏れた時には、まずその原因を特定することが大切です。繋ぎ目部分の緩みが原因という時には、緩んでしまった所を締め直せば対処できます。水回りは家の中でも毎日使う場所であることが多く、長い間使っているとどうしても緩みが出てしまい、そこが水漏れの原因となります。締めれば解決できますが、あまり強く力を入れると破損に繋がってしまうので注意が必要です。適度な力で行うことが大切です。
配管の中の詰まりよってトラブルが発生しているケースでは、中を洗浄することで詰まりを取り除きます。専用の薬剤を使用し、汚れを効果的に排除していきます。また洗浄する際にはぬるま湯を使うのがおすすめの方法です。熱いお湯を使うと排水管に負担がかかり、かえって傷めてしまうことになります。ぬるま湯であれば負担をかけずに汚れを落とせます。
管を締め直したり洗浄を行ってもそれでも漏水するなら、パッキンなどのパーツが破損していないかを確認しましょう。水が漏れている部分のパーツに問題があるならば、新品に交換することで解決できます。新しい部品に取り換える時には、大きさ、種類を間違えないように注意しましょう。合わないパーツを使うと、被害が拡大する可能性があります。必ず故障箇所に使われているパーツと同じ規格のものを選ぶことが大切です。部品を購入する時にはまずは今までついていた部品を取り外し、それをお店の人に見てもらい、確かめてもらうとよいでしょう。
故障箇所を調べても原因を特定できない時や自分で修理するのが難しい場合は、専門業者に任せるのがおすすめです。多くの専門業者では24時間いつでもトラブルに対応しています。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ