洗面所の床が濡れているのは排水管の水漏れかも

■排水管の水漏れのそもそもの原因

洗面台で歯磨きをしたり顔を洗ったりしようと思ったところ、床が濡れていて冷たい、このような経験をしたことがある人もいるでしょう。これは排水管の水漏れによるものです。なぜこのような現象が起きるのか、いくつか原因が考えられます。
まずはパイプの劣化を疑ってみましょう。パイプは一見すると一本のように見えるかもしれませんが、いくつかの形状のものが組み合わさっています。これをつなげているのがナットやパッキンです。この接続パーツが劣化すると漏れの起きる可能性が高まります。
パイプそのものの劣化も原因になり得ます。樹脂製と金属製の2種類がありますが、いずれも長年同じものを使い続けていると劣化は避けられません。特に注意したいのはU字部分のパイプです。この部分は虫がわいてこないようにするため水が常に溜まっていることで、どうしても他よりも劣化が進みやすいです。金属製の場合、注意したいのは表面の白い汚れです。これを見つけると磨いてきれいにしたくなるかもしれません。しかし磨いてしまうとさらに表面が弱体化します。最悪穴が開いてしまって、そこから排水が漏れ出す恐れがあるので、白く変色してもそのままにしておくのが賢明です。
パイプそのものに異常が見られない場合であれば、下水管のつまりを疑ったほうがいいでしょう。もしどこかでつまっている場合、排水が行き場を失ってしまって逆流しているかもしれません。すると下水管と配水管の接続部分から漏れて、床に流れ出してしまうことも考えられます。

■洗面所の足元が濡れているときの対策

もし洗面台の周辺の足元が濡れているのであれば、まずは収納扉を開けてパイプの状態を確認します。下水管で問題の発生している可能性ももちろん考えられますが、最初に疑うべきは排水管のパイプです。目視もしくは手で触るなどして、どこから漏れ出しているのか確認をしましょう。床が濡れているということは、収納内もびちゃびちゃになっている可能性が高いです。そこで雑巾などで排水をふき取りましょう。
場合によっては、収納内部はそこまで濡れていない場合もあるでしょう。この時、排水プレートをを持ち上げてその内部を見ます。パイプの床側にプレートが取り付けられているので、持ち上げてチェックします。もしプレートのないタイプの場合、切り込みが見られたらねじ留めされているので、これを外すようにします。すると床が動くので、その内部を確認します。
そしてホースが下水管から抜けていないかどうか点検をしましょう。もし抜けていると、ここから排水が流出していると考えられます。ところがもしこの部分に異常がなければ、下水管がつまったことで逆流している恐れがあります。下水が床にあふれている場合、水が透明ではなく汚れているので、このような部分からどこから漏れ出しているかをチェックすることが可能です。
ただし状況によっては、漏水個所を特定できない場合もあります。その場合には洗面所の使用を速やかに停止するようにします。そして早めに水道業者に連絡して、プロに診断してもらった方が良いでしょう。どこで水漏れが発生しているかによって、対処の方法も変わってきます。

■排水管の水漏れの予防方法
排水管の水漏れを予防する方法ですが、絶対に発生しないという万能なものはありません。パイプは長年使っているとどうしても劣化してしまいます。使い方や家族構成、使用する頻度によっても変わってきますが、大体10から15年も経過すれば、寿命が近づいていると考えるべきです。もしこの時期に差し掛かっているのであれば、いつ水漏れが起きてもおかしくはないので、実際に発生する前に新しいものと交換すると安心です。
あとは洗面台下の収納スペースにあまり物を置きすぎないことです。物を置いていると、排水パイプが隠れてしまいます。水漏れなどのトラブルが発生していてもすぐには気づけないかもしれません。できるだけ物を置かず、すっきりした状態であれば、漏れが発生してもすぐにその異変に気が付けます。床まで水浸しになるような事態も回避できるでしょう。収納しているものが濡れずに済み、使えなくなるような事態も防げます。できるだけ物を詰め込まずに、こまめに扉を開けてパイプの状態を確認することが大切です。
また下水道のつまりが原因で漏れが引き起こされることがあります。これは大半が異物を排水口に流すことで発生します。そこで固形物をできるだけ排水口に流さないように注意する必要があります。洗面所の場合、石鹸カスや髪の毛などに注意するようにしましょう。その他にはコンパクトサイズの歯磨き粉のキャップをうっかり落とす、女性の場合指輪を流してしまうなどのアクシデントがしばしば報告されています。ボウルに落とさないようにキャップや指輪を外す際には、遠いところに置くよう心がけましょう。
しかしこれらの予防方法でも絶対に水漏れを防げるという保証はありません。もし何か異状が見られれば、専門業者に連絡して必要な工事を依頼することが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ