テープを使った排水管の水漏れ補修

■排水管からの水漏れに対する補修方法

排水管からの水漏れは、場所の問題もあり、簡単になおすことができません。壁の中や床下に配管が伸びており、見えないところにあるため、修理するためのスペースも限られているからです。そういったことから専門業者に依頼して修理するのが基本となるのも、当然の流れです。
排水管もキッチンのシンクの下や洗面所のボウルの下などなら、目に見える範囲に収まります。水漏れしていることを発見しやすい場所になりますが、こうした場所であれば自分である程度補修ができる場合もあります。専門業者に依頼する前に、被害を拡大させないようにするために自分たちで対策を講じることも必要です。
水漏れしている箇所が特定できている場合には、テープを使った方法で補修できる場合があります。条件として、配管部分が老朽化で全面的に耐えられない状態ではないことや、あまりに凹凸がない場所であることなどが挙げられますが、手軽に補修することができる方法です。種類も豊富に出回るようになったので、使い方次第で効果的な方法になります。
増えてきているのが、自己癒着形式と呼ばれるタイプで、漏れている箇所に巻き付けるだけでお互いが癒着して接着するテープです。巻き付けることで補修するため、隙間が空いたりすれば効果を失います。テープ自体の伸縮性があるわけではないことから、直線部分に使われる補修材です。
防水性を兼ね備えているものもあり、伸縮性のあるタイプは接続部でも利用することができます。こちらも同様に隙間ができれば水は漏れてきます。排水管にぴったりと接着することが求められるため、カーブになっている部分などでは慣れが必要です。排水管の水漏れは、強い圧力がかかるわけではないため、利用しやすい補修材ともいえます。

■絶縁用も一時的には使える

水道用ラップテープと呼ばれる補修材もあります。排水管の水漏れに使いやすいタイプで、使い方は簡単です。重ね合わせることからラップと呼ばれますが、補修作業をしたことがない人でも扱いやすい補修材です。その反面で、高い補修能力は盛り合わせておらず、一時的な応急処置として使われます。強度も出しながら防水効果も発揮するのがアルミテープですが、これは排水管用ではありません。特に熱がかかる状態を苦手とするため、キッチンのシンク下などでは接着が弱まり剥がれることも出てきます。
このようにいろいろな商品が出てきていますが、排水管の水漏れでも、どこにある配管なのかによって補修材を変えなければいけません。接着能力という面で大きな差が出てくるかららです。しっかりと密着させて隙間を生まないようにしなければならないので、特性を知らなければうまく使いこなせません。単純に巻き付けるだけで効果を発揮するわけではないため、取扱説明書もよく読んでから施工する必要があります。
単純に配管の一時的な水漏れを抑えるというだけなら、絶縁用のビニールテープでも可能です。長い時間耐えるものではありませんが、配管にぴったりと巻き付ければ短期間の補修には使える方法です。ただし、水に濡れていると接着できないため、乾燥した状態で使わなければいけません。

■補修は一時的なもの
補修用のテープを使う場合、水を触媒とするもの以外は、すべてきれいにふき取ります。できるだけ乾燥させた状態を作るほうが施工条件が良くなります。このときに、施工箇所の汚れを落とすことが重要なポイントです。汚れがついていると、どんなに強い接着能力を持っていても、強度が発揮できなくなります。配管に密着させなければいけないのに、間に汚れがあれば邪魔をして剥がれ落ちるからです。徹底的に汚れを落としてから、修理中は排水管に水が流れないように使用を止めます。
準備ができたら、テープを必要な長さにカットします。先にカットすることで、施工を容易にするとともに、余計なところに張り付き時間をロスする状況も回避できるからです。カットした部分以外には亀裂や穴が開かないようにして必要な部分に巻き付けます。巻き付けるときには、引っ張り気味にして密着するようにすると、隙間ができにくくなります。緩く巻くとテープの間にすき間が生まれますし、締め付けすぎれば巻き付けたところにも負荷がかかるので、一定の力で巻き付けるのが重要です。
スペースさえ取れれば簡単にできる方法ではありますが、そもそも恒久的な補修ではありません。配管に亀裂が入り水漏れしているということは、ほかの部分でも耐久性が落ちている状況であることが考えられます。そのためほかの部分でも水漏れのトラブルが連鎖する可能性が出てきます。テープを巻いたとしても、配管の代わりができるわけではありません。あくまでも割れてしまった部分や漏れてきてしまうところをふさぐだけです。排水管としての強度は配管がもっているのですから、一時的な対応として割り切り、専門業者に依頼して補修してもらうといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ