ティッシュの詰まりで起こる排水管からの水漏れ

■ティッシュペーパーとトイレ紙の機能の性質の違いについて

トイレに行って用便をした後は、必ずトイレ紙を使う事が必要です。トイレ紙はトイレ用に作られた紙ですので、使っても問題が起こる事は少ないです。しかし、トイレ紙の代わりにティッシュペーパーを使う事は問題があります。使ってしまうとトイレがつまってしまうケースが考えられます。水に溶けない素材が使われているため、排水管のつまりの原因になってしまうからです。間違って数枚使った程度では、トイレがつまる事はありません。しかし、一度に多くの量を流してしまうとつまりの要因になります。さらに、トイレ紙の代用品として毎回使用していると、高い確率でつまります。トイレ紙であれば水に濡れるとバラバラになるという性質をもっています。水に完全に溶けてなくなるという事ではありませんが、つまりの原因になる事はほとんどありません。
それぞれの紙の性質を知っておけば、トイレ紙以外の水に溶けない紙は流してはいけない事が理解できるのではないでしょうか。両方ともパルプを溶かし乾燥させるまでの工程は同じです。その後ティッシュは繊維同士を結合するために樹脂を入れ、破れにくくしています。トイレ用のものは、樹脂のかわりにデンプンを使用して水に溶けやすくする工程です。
水に溶けない紙の場合には、水を含むと体積を増加させますので、つまりがどんどん悪化してしまう要因になります。

■ティッシュペーパーの溶かし方について

水に溶けないタイプの紙が仮につまってしまった場合、お湯を流すと溶かす事ができる場合があります。お湯の中では、紙が柔らかくなりますので、流しやすくする事ができます。できるだけ大量のお湯を流すようにするのがお勧めです。
また、紙を溶かしてしまう性質の薬剤を使って、つまりを解消するという方法もあります。ドラッグストアやDIY用品店などに問い合わせてみれば、それにマッチした薬剤を紹介してもらえるはずです。お湯や薬を使っても紙を溶かす事ができない場合には、物理的につまりを解消するやり方も検討すべきです。長い棒を使って、紙を押し流すという方法が有効な場合もあります。量販店などで取り扱われている、ラバーカップと呼ばれるグッズを使ってみる方法も有効な解決方法になります。使い方は簡単ですので、常備しておくべきです。重曹を使って溶かす方法もお勧めです。100円ショップでも販売されておいる重曹を購入して、50度程度のお湯で洗い流すようにするのがお勧めです。
高圧タイプの洗浄器も販売されています。ラバーカップよりも強力なパワーをもっていますので、強力なつまりであっても解消する場合もあります。紹介した方法を使ってもトイレの紙のつまりが解消しない場合には専門の業者に依頼をしてトラブル解決をお願いしましょう。初期段階で対処したほうが、修理費用が高くならず修理時間も短縮できます。迅速な対処が肝要です。

■トイレの紙つまりの修理を水漏れを依頼するときの注意
自分で出来る範囲で対応しても直らない場合は、迅速に修理業者に連絡します。例えば、排水管の水圧が弱くなっているような場合には、紙つまりを解消してもまたすぐにトイレがつまります。それを防ぐために、水圧の調整もしてもらいます。同様に排水管が劣化している時にも再度紙がつまる原因になりますので、排水管の交換も検討しましょう。
修理を依頼する際には、少なくとも3社から見積もりを用意してもらう事を視野に入れましょう。3社からの見積もりを用意する理由は修理費用の相場を知る事にあります。見積もりの内容に加えて、現場に来てくれた修理スタッフの対処の良し悪しも含めて検討して、修理するかどうか最終判断します。見積もりの値段に満足できない場合には、値引き交渉をしてみましょう。他者からの見積もりの金額を提示する要望は、値引き交渉を有利に進める材料となります。
修理の依頼は、できる限り深夜と早朝はさけるのがお勧めです。たとえば、夜間・早朝料金を設定している業者であればそれだけで日中に比べて修理費用が増えてしまう結果になります。どうしても必要な場合を除いて時間帯を検討しながら工事計画をするといいでしょう。トイレの紙つまりによって水漏れが起きてしまっているような場合には、住宅を損傷してしまうケースも考えられますので、時間の事は後回しに考えて大至急の修理を行います。住宅を破損してしまうと住宅の修理費用が、夜間・早朝料金よりもはるかに大きなものになってしまうからです。
トイレの修理費用はかなり高くなる事が多いのですが、トイレの無い生活は非常に不便なものですので、修理工事後のアフターケアが充実している業者もお勧めです。再びトイレのトラブルが発生したとしても責任を持って対処してくれるでしょう。また、お休みの日であってもトイレのトラブルは起きてしまいますので、どんな時でも対処してくれる年中無休の業者も選択肢にいれるのが肝要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ