賃貸住宅で排水管から水漏れしたときには

■排水管などから水漏れを確認したときには

水漏れする状況は、どこに原因があるのかを見つけ出さなければいけません。排水管の水漏れでも、整備が徹底されておらず、トラブルにつながるケースがあります。つまっているのを放置していた結果、排水管自体が劣化したり余計な圧力がかかり水漏れするようなケースもあります。賃貸住宅でもら出したりすれば、大きな問題を生み出すでしょう。
もちろん、人為的なものではなく、天災によるトラブルもあります。自分では改善できないマンションなどの共有部分で問題が起こることも考えられます。しかし、故障を含め、整備しなかったことでのミスで水漏れを誘発させたのであれば、入居者が責任を取らされる事態です。水漏れを起こした当該箇所の問題もありますし、床材が傷めば交換の費用も支払いを求められるでしょう。もしも、これがほかの部屋にまで被害を与えたのであれば、その補償が必要です。その部屋の天井や壁紙といったところも修理が求められます。共有部分で起きたのなら、管理者の責任として修繕してもらえます。
もしものことを考えれば、保険に加入するというのも重要です。単に水漏れしたでは済まないため、個人で加入するのも生活を守るために考えるべきです。物件によっては保険に強制加入させられるケースもあります。ただし、この保険もすべての水漏れに対応できるわけではないので、どのような内容であれば対応しているのかも確認しておく必要があるでしょう。

■管理会社に連絡から

賃貸住宅の排水管から水漏れした場合には、必ず管理者に連絡を入れます。連絡を入れるタイミングで、明らかに水漏れなどの被害が広がっている場合は応急処置を施してください。被害が広がることで別のトラブルを作らないためです。水の元栓を閉めたり、ぬれた場所に新聞紙やタオルを敷くなど一時的に被害を食い止めます。
管理会社などに連絡を入れると、今現状でなにをすればいいのか指示をしてくれます。その指示に従うとともに、落ち着いた段階で修繕費の取り決めなどを教えてくれるでしょう。支払いの方法の相談もありますし、実際の被害の確認にも来てくれます。修理会社などもつれてきて見積もりも作成していくため、今回のトラブルによってどの程度の被害を生み出したのかも確認ができるでしょう。
次に保険に加入していれば、どれくらいカバーができるのかを調べます。適用範囲の問題もありますが、見積もりに対して対応できるのはどこまでか確認しなければいけません。入居物件で利用できる保険のほうも確認が必要です。いろいろと加入している可能性があるため、管理者に確認しておく必要もあります。保証の範囲に違いがある場合もあるため、自分で加入したものとは別のものとして解釈しておけば間違いありません。
こうした連絡方法などは、他人事ではなく、いつ起きても対応できるようにするのが大切です。賃貸住宅で生活していると、いつ自分に起きるかわからないためです。対処方法を知っていたおかげで、被害を抑えられるケースもあるのですから、手順の理解は欠かせません。管理会社にこのような事態が起きたときには、どのような補償があるのか、改めて確認しておくのもいいでしょう。

■原因になりそうなことはメンテナンスで取り除く
賃貸住宅の排水管の水漏れは、単純に水が漏れるだけではすみません。集合住宅で床から下の階の天井に流れていけば、電気設備を巻き込む可能性が出てきます。水が流れて接触したことで、漏電させてしまうこともあるため、電気会社に点検してもらわなければいけません。非常に多くの問題が出てきますが、一体なにが原因になるのか対策も検討していくといいでしょう。
原因として考えられるのは、異物がつまり配管内を閉塞させた状態です。内部の洗浄などをほとんどしていなかったりするのは、そのひとつになるでしょう。流してはいけないものを流し続けた結果、どこかでつまったというケースもあります。使い方が間違っていたというのも、住人の過失の条件です。排水という面では、洗濯機の排水ホースが外れてしまい、あふれだしたというケースは、非常に大きな被害を生み出す状態です。住人の過失によって水のトラブルが起きた場合は修理にかかる費用は住人側の負担となります。
トラブルが起きた原因が建物の劣化だった場合は、建物を管理する側に修理費の支払い義務が生じるケースが一般的です。念のために、入居する際に交わした契約書に目を通しておいてください。水のトラブルに関する約束事が記載されているかどうか確認しておきましょう。
原因によっては責任の所在が変わりますが、トラブルが起こらないように普段からメンテナンスが必要です。洗浄剤を使って汚れを落としたりする方法も必要ですし、異物の混入を防げるように管理もしなければいけません。洗濯機の排水ホースなどは、定期的に問題がないか確認しながら、ごみなどがつまって流れを阻害していないか調べておくと安全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ